知的財産訴訟

IP紛争を巡る商業アプローチ。

Haseltine Lake の訴訟チームは特許、商標および詐称通用、デザイン、著作権ならびに機密情報の誤用、契約上の争点および取り引き合意の制限などの関連案件を含むあらゆる種類の知的財産に関係のある紛争についての助言を行います。当社は法的手続きを起こすまた弁護することから、正当性の主張および施行ならびにクライアントの自社のIPへの投資の有効利用および保護についての助言までIP(知的財産)法令のすべての局面を扱います。当社の訴訟当事者はあらゆる種類のIP争点についてシームレスな助言を提供するために専門家の技術的専門知識が必要とされる場面で当社の弁護士と緊密に協力します。

当社チームのメンバーは知的財産企業裁判所(旧称、特許州裁判所)、高等裁判所、控訴裁判所および最高裁判所での訴訟から、英国知的財産オフィスおよびヨーロッパの特許庁での反対および権利訴訟に至るまで
あらゆる主なIP裁決機関での紛争で活動してきました。 

当社は自社の海外オフィスおよび世界中の他の管轄にある当社推奨の弁護士事務所の両方の弁護士と協業する真に国際的なアプローチを備えています。当社はIPの権利を国際的に保護し実施する方法について定期的に助言し、多国籍の紛争に関して主導的な役割を調整して果たし、さらに訴訟を起こすことのできる最も適切な管轄をクライアントが選択するのを手助けします。

当社の業績の最近の例:

  • Ideal Home Showの所有者の代理を務めて、知的財産企業裁判所でIdeal Homeマガジンの所有者によって提訴された商標権侵害訴訟手続きに対する弁護で成功を収めました。
  • 3次元の標識の発明ならびにピッチ上での広告宣伝用に国際的なフットボールおよびラグビーの試合で使用されたディスプレイに関連した特許の非侵犯および取り消しの宣言について高等裁判所で提訴された手続きでデンマークの会社へ助言を行いました。当社は特許州裁判所での関連する反訴状にも影響を与えました。請求のすべては当社クライアントのために首尾良く解決されました。
  • 法的処置の分野で携帯電話通信事業会社へ助言を行い、またその海外の販売者にはドイツとアメリカでの 特許権侵害と正当性の紛争の英国法令の側面について助言を行い彼らの複数管轄的なアプローチを調整しました。
  • エンボス加工ツールの特許侵害について特許州裁判所請求でアメリカの企業およびその英国の支社の代理を務め、非常に好意的な示談を実現しました。
  • 高等裁判所での詐称通用訴訟を弁護するため「電子煙草」のメーカーの代理を務めクライアントに有利な示談を勝ち取りました。

 

 

弊社の専門家
David Brown
David Brown
勤務地: ブリストル (英国)
Martin Krause
Martin Krause
勤務地: ブリストル (英国)

Haseltine Lake - クッキーの免責事項

当社のウェブサイトはクッキーを使用して、より良いオンライン体験を提供します。ブラウザの設定を変更せずに引き続きサイトを使用する場合は、Cookieを受け取ります。詳細については、 クッキーポリシーをご覧ください。

このメッセージを再び表示しない