特許異議申立

特許異議

 ヨーロッパ特許庁(EPO)で特許が登録された後、9ヶ月間にわたってEPO異議申し立て手続きに従った異議申し立てを受ける可能性があります。このリンク先にある、異議申し立て手続きの概要をご参照ください。

http://www.epo.org/about-us/jobs/examiners/what/opposition.html

EPO異議申し立て手続きが完全に成功した場合、自動的に、全ての展開国において当該欧州特許が完全に消滅します。異議申立人にとっては、競合他社の特許を狙い撃ちにするチャンスとなります。同時に、特許権所有者にとっては、ヨーロッパ全域で権利が取り消されるか制限されるというリスクを負うことになります。通常、異議申し立て訴訟においては非常に大きなリスクが伴うため、攻守の立場によらず、経験豊富な弁護士に依頼して成功の確率を最大限に引き上げることが必要となります。

ハーゼルティン・レイクでは、ヨーロッパで最も経験豊富で最大の成功を収めてきた異議申し立てチームを抱えています。常時、異議申し立てに関わる弁護士は12人以上にのぼり、常に50件以上の異議申し立て訴訟を取り扱っています。上訴にも手馴れており、さらに「匿名」サービスも提供しています。このサービスでは、異議申立人の素性を明かすことなく特許に異議を申し立てることが可能になります(様々なビジネス状況において有益な方法です)。私どもの異議申し立てエキスパートのプロフィールにつきましては、右側の欄をご参照ください。

私どものミュンヘン事務所とオランダ事務所は、異議申し立てをサポートするために設置されており、双方ともEPOビルの近くに位置しています。この2つの事務所に配属されている弁護士は、EPOの管理部門、異議申し立て部門、ならびに上訴委員会と建設的な業務関係を築いており、手続き方法や業務慣例の変更に関して最新情報を入手することが可能になっています。また、両事務所では、異議申し立て訴訟の準備のために訪れたクライアントやハーゼルティン・レイクの他の事務所の弁護士のためにも、快適な環境と設備を提供しています。 

弊社の専門家
James Ward
James Ward
勤務地: ミュンヘン(ドイツ)
David Nash
David Nash
勤務地: ブリストル (英国)
David Brown
David Brown
勤務地: ブリストル (英国)
David Lewin
David Lewin
勤務地: ロンドン (英国)
Sandeep Basra
Sandeep Basra
勤務地: ミュンヘン(ドイツ)

Haseltine Lake - クッキーの免責事項

当社のウェブサイトはクッキーを使用して、より良いオンライン体験を提供します。ブラウザの設定を変更せずに引き続きサイトを使用する場合は、Cookieを受け取ります。詳細については、 クッキーポリシーをご覧ください。

このメッセージを再び表示しない